雑誌『おとなのデジタルTVナビ』で、小西さんの新連載スタート!

2021/4/28 [ KONISHI , MAGAZINE ]

現在発売中の雑誌『おとなのデジタルTVナビ 2021年6月号』で、小西さんの新連載がスタートしました。

映画専門チャンネル・衛星劇場で放送されているプログラム「幻の蔵出し映画館」は、いままでソフト化されることがなかった昭和のレアな邦画をセレクトした番組。映画愛好家や名画座通いをしている方には垂涎の企画となっています。

その「幻の蔵出し映画館」でオンエアされる作品の中から、小西さんオススメの邦画を毎月紹介。連載タイトルは「名画座の最前列で。」。今回は1966年の松竹作品「ド根性大将」を取り上げています!是非チェックしてみてくださいね。

小西さんからメッセージが届きました!

2021/4/28 [ BOOK , CD , KONISHI ]


小西康陽です。たいへんご無沙汰しています。みなさまお元気でしょうか。
 今年の1月からOLDAYSレコードで連続リリースしています【レディメイド未来の音楽シリーズ CDブック篇】の第4弾、題して『恋愛に倦きてしまった』をご紹介したいと思いまして。
 このCDブックのシリーズ、ご存じの方もいらっしゃるかも知れませんが、第1弾『夜遊びに疲れてしまった』はタイトルの通り、かつて渋谷オルガンバーをはじめ、小さな規模のクラブのDJの際に選曲していたトラックを集めたもの、第2弾『猫も杓子もツイスト』は1999年に100本限定で制作した『READYMADE WORLD OF TWIST』というミックステープを復刻、一部楽曲を差し替えてCD化したもの、そして第3弾はDJ・三浦信さんに選曲・監修をお願いしました『わたくしのサン=ジェルマン=デ=プレ』、というラインナップでリリースして参りました。
 ここまではやはり、かつてクラブでプレイしていた楽曲を中心に据えて、沢山の人と音楽の楽しさを分かち合う、という趣旨の選曲でしたが、きょう、ここにご紹介致します『恋愛に倦きてしまった』は、どちらかと言いますと、ひとりの時間に、あるいはおだやかな気分でいたいときに聴いていただきたい、と考えて選んだ楽曲ばかり、それでとくにこの場をお借りして、ピチカート・ワンのリスナーの方々にお報せしたい、と考えました。
 CDブックに書きました話と重複致しますが、ある日、いつも行く「シネマヴェーラ渋谷」という大好きな名画座で、上映の前にピチカート・ワン『わたくしの二十世紀』の中の「あなたのいない世界で」という曲が劇場内で流れていて、なにかひどく恥ずかしい気持ちになって、それからしばらくして、いつか好きな映画館で幕間の時間に流れていたら美しいだろう、と思える楽曲を集めたコンピレイションを編んでみよう、と思い立ちました。
 そんなわけで、じぶんの考えるロマンティックな楽曲、映画館で過ごす時間にふさわしい楽曲ばかりを並べましたので、ブックレットの方も「恋愛」と「映画」に関する文章を集めました。
 まず「恋愛」に関する読み物は吉田音さんの『恋よ、さようなら』、そして大場純子さんの『「ヤング・ラヴ」』という2本の書き下ろしストーリー。大場純子さんは以前より渋谷の名画座でときどきお目にかかる方で、思い切って原稿をお願いしました。そして吉田音さんは、ぼくのいちばん好きなある文筆家のペンネーム。読めば、たぶんお分かりになると思います。
 そして「映画」に関する文章は、よく都内の名画座でお目にかかる「映画ファン」「映画好き」「映画愛好家」の方々に依頼した【わたしの好きな恋愛の映画】というアンケート特集。ご回答くださいましたのは、おくあきけん氏、「トラベシア」鈴木並木さん、「ラピュタ阿佐ヶ谷」石井紫支配人、「シネマヴェーラ渋谷」内藤由美子支配人、「ORGAZM」遠藤倫子さん、田旗浩一さん、寒空はだか氏、上馬場健弘さん、朝倉史明さん、「名画座かんぺ」のむみち氏、「Upstair Records & Bar」永友慎さん、「国書刊行会」樽本周馬さん、それに編集スタッフよりK・Y生、の13人。みなさん、見事にバラバラなセレクトで素晴らしいです。
 さらに大江田信さん、小梶嗣さんによる連載もいよいよ佳境、読みごたえあり。そして本誌初の読者モデル? 小方俊也さんが「恋愛に倦きた男」に扮して表紙を飾ってくださっています。
 ピチカート・ワンはこのコロナ禍の中、東京都の要請に従いまして、昨年よりずっと活動自粛中ですが、もちろん日々、いや、ときどき、これから作りたい音楽のことを考えております。またお目にかかりますまで、どうぞみなさまお健やかに。(K・Y生)

【レディメイド未来の音楽シリーズ CDブック篇】ご注文はコチラからどうぞ。

レディメイド未来の音楽シリーズ CDブック篇 第5弾、5月28日発売!

2021/4/19 [ BOOK , CD , KONISHI ]

小西さんとオールデイズ・レコードのコラボレイション企画『レディメイド未来の音楽シリーズ CDブック篇』第5弾が、5月28日に発売されます。

タイトルは『なにもかも飽きてしまった』。今回も小西さんが膨大なレコードコレクションの中から選曲。ジャズ、ビギン、ロックンロール、ツイスト、マンボ、チャ・チャ・チャ、フォークソングなど、全28曲を収録しています。ブックレットには、スクラッパーこと編集者・小梶嗣さんによるコラージュを大フィーチャー。小西さん、吉田音さんによる書き下ろしエッセイや、大江田信さん、小梶嗣さんによる連載。また今年1000タイトルを突破したオールデイズ・レコードのCDカタログの中から、小西さんがお気に入りトラックをセレクトした選曲リストも掲載!目と耳で楽しめる至福のCDブックです。

毎号趣向を変えて、5か月連続でリリースしたこのシリーズも、今回が最終号!そして本号には新プロジェクトの予告も掲載されているので要チェックです。本日よりREADYMADE-SHOPPING、クリンクレコード公式HPにてご予約受付をスタートします。ご予約はお早めに

松本隆さんの配信番組『風街ちゃんねる』に、南佳孝さんと小西さんがゲスト出演!

2021/4/16 [ KONISHI , NEWS ]



松本隆さん作詞活動50周年を記念して、昨年11月よりスタートしたWEB配信番組『風街ちゃんねる』。松本隆さんが毎回ゲストを招き、50年の歴史を、ほぼ台本なしでゆるくマニアックに振り返るトーク番組です。

いままでに音楽評論家の小倉エージさんや俳優の佐野史郎さん、ムーンライダーズの鈴木慶一さん、映画監督の堤幸彦さんなどがゲストとして出演。そして5月15日(土)夜8時より配信される第4回目では、南佳孝さんと小西さんがゲストとして登場します!プロデューサーとしての松本隆さんにスポットを当て、松本さんがプロデュースした南佳孝さんのアルバム「摩天楼のヒロイン」「冒険王」や、ソングライティングとプロデュースについてなど、貴重なトークを繰り広げています。

視聴券は、チケットぴあにて現在販売中。購入者は、6月11日(金)夜11時59分までアーカイブ配信が視聴できます。是非チェックしてみてください。