小西さんからメッセージが届きました!

2021/4/28 [ BOOK , CD , KONISHI ]


小西康陽です。たいへんご無沙汰しています。みなさまお元気でしょうか。
 今年の1月からOLDAYSレコードで連続リリースしています【レディメイド未来の音楽シリーズ CDブック篇】の第4弾、題して『恋愛に倦きてしまった』をご紹介したいと思いまして。
 このCDブックのシリーズ、ご存じの方もいらっしゃるかも知れませんが、第1弾『夜遊びに疲れてしまった』はタイトルの通り、かつて渋谷オルガンバーをはじめ、小さな規模のクラブのDJの際に選曲していたトラックを集めたもの、第2弾『猫も杓子もツイスト』は1999年に100本限定で制作した『READYMADE WORLD OF TWIST』というミックステープを復刻、一部楽曲を差し替えてCD化したもの、そして第3弾はDJ・三浦信さんに選曲・監修をお願いしました『わたくしのサン=ジェルマン=デ=プレ』、というラインナップでリリースして参りました。
 ここまではやはり、かつてクラブでプレイしていた楽曲を中心に据えて、沢山の人と音楽の楽しさを分かち合う、という趣旨の選曲でしたが、きょう、ここにご紹介致します『恋愛に倦きてしまった』は、どちらかと言いますと、ひとりの時間に、あるいはおだやかな気分でいたいときに聴いていただきたい、と考えて選んだ楽曲ばかり、それでとくにこの場をお借りして、ピチカート・ワンのリスナーの方々にお報せしたい、と考えました。
 CDブックに書きました話と重複致しますが、ある日、いつも行く「シネマヴェーラ渋谷」という大好きな名画座で、上映の前にピチカート・ワン『わたくしの二十世紀』の中の「あなたのいない世界で」という曲が劇場内で流れていて、なにかひどく恥ずかしい気持ちになって、それからしばらくして、いつか好きな映画館で幕間の時間に流れていたら美しいだろう、と思える楽曲を集めたコンピレイションを編んでみよう、と思い立ちました。
 そんなわけで、じぶんの考えるロマンティックな楽曲、映画館で過ごす時間にふさわしい楽曲ばかりを並べましたので、ブックレットの方も「恋愛」と「映画」に関する文章を集めました。
 まず「恋愛」に関する読み物は吉田音さんの『恋よ、さようなら』、そして大場純子さんの『「ヤング・ラヴ」』という2本の書き下ろしストーリー。大場純子さんは以前より渋谷の名画座でときどきお目にかかる方で、思い切って原稿をお願いしました。そして吉田音さんは、ぼくのいちばん好きなある文筆家のペンネーム。読めば、たぶんお分かりになると思います。
 そして「映画」に関する文章は、よく都内の名画座でお目にかかる「映画ファン」「映画好き」「映画愛好家」の方々に依頼した【わたしの好きな恋愛の映画】というアンケート特集。ご回答くださいましたのは、おくあきけん氏、「トラベシア」鈴木並木さん、「ラピュタ阿佐ヶ谷」石井紫支配人、「シネマヴェーラ渋谷」内藤由美子支配人、「ORGAZM」遠藤倫子さん、田旗浩一さん、寒空はだか氏、上馬場健弘さん、朝倉史明さん、「名画座かんぺ」のむみち氏、「Upstair Records & Bar」永友慎さん、「国書刊行会」樽本周馬さん、それに編集スタッフよりK・Y生、の13人。みなさん、見事にバラバラなセレクトで素晴らしいです。
 さらに大江田信さん、小梶嗣さんによる連載もいよいよ佳境、読みごたえあり。そして本誌初の読者モデル? 小方俊也さんが「恋愛に倦きた男」に扮して表紙を飾ってくださっています。
 ピチカート・ワンはこのコロナ禍の中、東京都の要請に従いまして、昨年よりずっと活動自粛中ですが、もちろん日々、いや、ときどき、これから作りたい音楽のことを考えております。またお目にかかりますまで、どうぞみなさまお健やかに。(K・Y生)

【レディメイド未来の音楽シリーズ CDブック篇】ご注文はコチラからどうぞ。

レディメイド未来の音楽シリーズ CDブック篇 第5弾、5月28日発売!

2021/4/19 [ BOOK , CD , KONISHI ]

小西さんとオールデイズ・レコードのコラボレイション企画『レディメイド未来の音楽シリーズ CDブック篇』第5弾が、5月28日に発売されます。

タイトルは『なにもかも飽きてしまった』。今回も小西さんが膨大なレコードコレクションの中から選曲。ジャズ、ビギン、ロックンロール、ツイスト、マンボ、チャ・チャ・チャ、フォークソングなど、全28曲を収録しています。ブックレットには、スクラッパーこと編集者・小梶嗣さんによるコラージュを大フィーチャー。小西さん、吉田音さんによる書き下ろしエッセイや、大江田信さん、小梶嗣さんによる連載。また今年1000タイトルを突破したオールデイズ・レコードのCDカタログの中から、小西さんがお気に入りトラックをセレクトした選曲リストも掲載!目と耳で楽しめる至福のCDブックです。

毎号趣向を変えて、5か月連続でリリースしたこのシリーズも、今回が最終号!そして本号には新プロジェクトの予告も掲載されているので要チェックです。本日よりREADYMADE-SHOPPING、クリンクレコード公式HPにてご予約受付をスタートします。ご予約はお早めに

レディメイド未来の音楽シリーズ CDブック篇 第4弾、4月30日発売!

2021/3/19 [ BOOK , CD , KONISHI ]

小西さんとオールデイズ・レコードのコラボレイション企画『レディメイド未来の音楽シリーズ CDブック篇』第4弾が、4月30日に発売されます。

今回は恋愛を人生のすべてと考えている人々に贈る、小西さん渾身の選曲!タイトルは『恋愛に倦きてしまった』。週末の人もまばらな映画館で、二本立て上映の幕間に流れる音楽、という着想をもとに選曲された19曲を収録。ブックレットには、恋愛と映画にまつわる読み物が満載!小西さん、吉田音さん、大場純子さんによる書き下ろしエッセイや、「わたしの好きな恋愛の映画」と題したアンケート特集も。大江田信さん、小梶嗣さんによる連載も掲載されています。

毎号趣向を変えて、5か月連続でリリース。本日よりREADYMADE-SHOPPING、クリンクレコード公式HPにてご予約受付をスタートします。第1号から第3号まで、初回プレスはすべて発売前に予約で完売となっています!ご予約はお早めに

【READYMADE-SHOPPING】『猫も杓子もツイスト』入荷遅延のお知らせ

2021/2/25 [ BOOK , CD , KONISHI ]

2月26日発売『レディメイド未来の音楽シリーズ CDブック篇 猫も杓子もツイスト』ですが、生産上の都合により、メーカーからの出荷に遅延が発生しています。READYMADE-SHOPPINGへの入荷は、3月上旬を予定しております。発売直前のご案内となってしまい、楽しみにお待ち下っているお客様には大変ご迷惑をおかけいたします。何卒ご理解頂きますよう、お願い申し上げます。

レディメイド未来の音楽シリーズ CDブック篇 第3弾、3月26日発売!

2021/2/15 [ BOOK , CD , KONISHI ]

小西さんとオールデイズ・レコードのコラボレイション企画『レディメイド未来の音楽シリーズ CDブック篇』第3弾が、3月26日に発売されます。

今回の選曲・監修を手がけるのは、DJ/トラックメイカーの三浦信さん。タイトルは『わたくしのサン=ジェルマン=デ=プレ』。CDの内容は、1960年代のフレンチポップ、イエイエ、仏産ジャズからシャンソンまで網羅した全28曲を収録。ブックレットには、永瀧達治さん、野宮真貴さん、梶野彰一さん、カヒミ・カリィさん、そしてもちろん小西さんも寄稿しています。音楽と読み物で、幻想のパリの街をお楽しみください!

毎号趣向を変えて、5か月連続でリリース。本日よりREADYMADE-SHOPPING、クリンクレコード公式HPにてご予約受付をスタートします。ご予約はこちら

レディメイド未来の音楽シリーズ CDブック篇 第2弾、2月26日発売!

2021/1/20 [ BOOK , CD , KONISHI ]

小西さんとオールデイズ・レコードのコラボレイション企画『レディメイド未来の音楽シリーズ CDブック篇』の第2弾が、2月26日に発売されます。タイトルは『猫も杓子もツイスト』!

CDの内容は、1960年代前半に世界を席巻した狂熱のダンス・クレイズ、ツイストをテーマにしたコンピレイション。小西さんがかつて限定100本で制作した貴重なMIXテープをもとにアップデートした、全27曲が収録されています。ブックレットには、小西さんによる収録曲解説をはじめ、大江田信さん・小梶嗣さん・青空ブルーバードさん、藤沢隆行さんによるエッセイを掲載。めくるめく勢いで展開されるビジュアルも必見です!CDと合わせて、お楽しみくださいね。

毎号趣向を変えて、5か月連続でリリース。本日よりREADYMADE-SHOPPING、クリンクレコード公式HPにてご予約受付をスタートします。
ご予約はこちら

レディメイド未来の音楽シリーズ CDブック篇、来年1月よりスタート!

2020/12/19 [ BOOK , CD , KONISHI ]

オールディーズ復刻レーベル「オールデイズ・レコード」より、小西さんが選曲・監修したコンピレイションCD+ブックレットシリーズ『レディメイド未来の音楽シリーズ CDブック篇』が2021年1月よりスタートします。

1月29日に発売される第1弾のタイトルは『夜遊びに疲れてしまった』。小西さんのオールタイムDJクラシックを7inchアナログ化し話題を呼んだ「レディメイド未来の音楽シリーズ 7インチ編」の全音源26曲を1枚のCDにコンパイル。これぞトーキョーの小バコクラブで流れる生音DJセットの真骨頂!という内容に仕上がっています。
ブックレットには、小西さんによる収録曲解説をはじめ、小西さん・大江田信さん・小梶嗣さん・新井裕尚さんによるエッセイや、「われら小バコDJ」と題したアンケート特集など。もちろんビジュアルも満載、読み応えたっぷりな全60頁!CDと合わせて、お楽しみください。

1月以降、毎月1タイトルずつ。毎号趣向を変え、5か月連続でリリース。本日よりREADYMADE-SHOPPING、クリンクレコード公式HPにてご予約受付をスタートします。

ご予約はこちら

6/28(金)下北沢B&Bにて、小西さん×のむみちさんトークイベント開催!

2019/5/28 [ BOOK , KONISHI , NEWS ]

小西さんの新刊『わたくしのビートルズ 小西康陽のコラム1992-2019』の刊行を記念して、6/28(金)下北沢B&Bにてトークイベントが開催されます!出演は小西さんと、フリーペーパー「名画座かんぺ」発行人ののむみちさん。

『わたくしのビートルズ』をお読みいただくとわかりますが、前著『ぼくは散歩と雑学が好きだった。』との違いは、映画に関する情報量!特に「映画メモ2013-2019」と題された、旧作邦画を中心とした年間500本を超える鑑賞記録は圧巻です。そこで今回のイベントでは、2013年に小西さんと映画との間に一体何があったのか?それはレコード鑑賞やレコードハンティングよりも面白いものなのか?そもそも、なぜ旧作邦画なのか?映像を交えながら、トークを繰り広げます。

『わたくしのビートルズ』をすでに読んだ方も、未読の方も。旧作邦画が好きな方も、映画はそれほど観ない方も。どんなみなさんにも楽しんでいただける内容です!是非ご参加ください!

小西康陽×のむみち
わたくしたちはいかにして名画座の虜となりしか ― ライヴ「映画メモ2013-2019」
『わたくしのビートルズ 小西康陽のコラム1992-2019』(朝日新聞出版)刊行記念

出演:小西康陽、のむみち
時間:20:00~22:00(19:30開場)
場所:本屋B&B 東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F
入場料:前売¥1,500+1drink/当日店頭¥2,000+1drink

イベントのご予約はこちらから

memorandom「RANDOM LIBRARY」にて、小梶嗣さんのエッセイが公開されました!

2019/4/22 [ BOOK , KONISHI ]

webマガジン“memorandom”の「RANDOM LIBRARY」のコーナーに、『わたくしのビートルズ 小西康陽のコラム1992-2019』の編集者のひとり、小梶嗣さんのエッセイが掲載されています。取り上げている書籍は、もちろん『わたくしのビートルズ』!いますぐコチラからチェックしてみてくださいね。

『わたくしのビートルズ』本日発売!

2019/4/19 [ BOOK , KONISHI ]

小西さんの3冊目のヴァラエティブック『わたくしのビートルズ 小西康陽のコラム1992-2019』が、ついに本日発売されます!まだ購入を迷っている方は、ぜひ店頭で手に取ってみてくださいね。本のカヴァーをはずしてみると、サプライズがあるかも…?!

出版を記念し、『わたくしのビートルズ』担当編集者のひとり、朝日新聞出版書籍編集部の牧野輝也さんが、レディメイド・ジャーナルのためにエッセイを寄稿してくださいました。制作の裏側が覗ける貴重な内容です!


 とにかく、理想のかたちを求めて、幾度もScrap and Build、Scrap and Buildの繰り返し、なのである。小西康陽氏の創造の過程である。一度は完成形を見ないと判断できないというのももっともだし、完成したかたちが美しくないと思えば、情け容赦なく改変、もしくは破棄する。そう、創造の過程において「情」ほど余計なものはないのだ。
 発売予定日は幾度も変更された。冬が終わり、春のきざしとともに、本書『わたくしのビートルズ』発売をいよいよひとつきほど後に控え、我々編集サイドも少々油断していた。
 なんとなく、完成形が見えた気がしたのだ。これ以上のかたちはないのではないか、と思ってしまっていた。それが最後の打合せのはずであった。

 3月某日。来社された小西氏は、不意打ちで我々に震度7クラスの激震を与える。
「考えたんですけど、ここからさらに20本ほどの文章を入れ込みたい」
 コンテを担当する編集リーダー・小梶氏の顔が歪み、小西氏の前著『ぼくは散歩と雑学が好きだった。』を小梶氏とともに担当した須田氏も唖然として目を剥いている。
「今から!? ……小西さん、無理です。泣きそうです」と小梶氏。平然としているのはレディメイド山崎氏だけである。おそらく山崎氏にとっては、日常的に見慣れた場面に違いない。
 この後の小西氏の言葉を、私は生涯忘れないだろう。
「泣いてください。だって、もの作りって、そういうものだから」

 そのひとことに、小梶氏も須田氏も私も、すとん、と納得してしまった。
 我々は「小西康陽の本」を編集しているのだ。ものを作る上で妥協などあり得ないのだ。無理を承知でまだ見ぬイデアを追い求め、それが見つからなければ見つかるまで模索し続けるのだ。
「いつも、これが最後かもしれない、と思うのです。するとなかなか固められないのです」
 その後も震度3クラスの微震は続きつつも、遂に本書は出来上がった。小西氏の思い入れの濃さと永遠に続くかに思えた編集作業(ひょっとしたら、小西氏は永遠にセレクトをしていたかったかもしれない。私には本書が未だに『創造と破壊の途中経過』のようにも感じられる)を反映し、当初の予定を大幅に超えたページ数と圧倒的な文字量は、21世紀の本とは思えない。

 幾度めかの発売予定日になんとか間に合ったことにほっとしつつ、それでも泣きそうな思いを幾度も味わいながら、もの作りの何たるかを教わった緊張感に満ちた日々が終わってしまったことを、とても寂しく感じ始めている。

朝日新聞出版書籍編集部 牧野輝也


『わたくしのビートルズ』はREADYMADE-SHOPPINGでも販売中。小西さんのサインとお客様のお名前を入れてお届けします。先着で通販オリジナルの特典「栞(Bタイプ)」をプレゼント。特典はなくなり次第、配布終了となります。ご購入はお早めに!