小西さんが選ぶ7インチ×100枚!単行本『俺たちの1000枚』発売中!

2016/10/4 [ BOOK , KONISHI ]

Oreno_Cover+Obi現在発売中の単行本『俺たちの1000枚 10 Artists × 100 Albums』に小西さんのインタビューが掲載されています。アーティスト10名による「私の選んだ100枚のレコード」をジャケット写真や詳細データと共に掲載。小西さんは思い入れのある7インチレコードを100枚選んで紹介しています。24ページに亘るロングインタビューは必読です!

『俺たちの1000枚 10 Artists × 100 Albums』(シンコーミュージック)
発売中 ¥2,160(税込)


【CONTENTS】
Track1 曽我部恵一[Born:26 August 1971]
「人格とかひらめきとかが、ちゃんと記録されたレコードが好き」
Track2 チバユウスケ[Born:10 July 1968]
「俺の場合、ひたすら音だから。何を言ってるかはどうでもよかったんだ」
Track3 片寄明人[Born:23 May 1968]
「チェット・ベイカーはレコードで200枚以上、CDも200枚以上集めました」
Track4 花田裕之[Born:20 June 1960]
「福岡独特の風土っていうか、パブ・ロック系の音楽は結構聴けたんですよ」
Track5 サエキけんぞう[Born:28 July 1958]
「みんな自分の耳には嘘をつけなかったんじゃないかな。雑誌でどんなに誉めてあっても」
Track6 村松邦男[Born:17 March 1952]
「ギターが単体で存在することはあり得なくて、まず歌があって、その要請でギターを弾く」
Track7 鈴木慶一[Born:28 August 1951]
「いいサウンドを作りたいがために、いい感覚を持った人と、一緒にやりたいわけだから」
Track8 久保田麻琴[Born:11 July 1949]
「新大陸に行って、化学反応を起こした音楽のほうに興味がある」
Track9 遠藤賢司[Born:13 January 1947]
「自分の魂を見せることが、その人の音楽における本当の力量」
Extra Track 小西康陽[Born:3 February 1959]
「シングル盤で一番大切なことは、短いことです」